フォト

  • ブログ村
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2014年2月14日 (金)

★ 快適化 室内灯をLEDに変更 ★

仕事の為 全く車に乗れていない私ですが、、、、

キャンピングの快適化をしましたので ご報告。


今まで愛車の メインの室内灯は

Conv0007

こんな シンライトと呼ばれる 30Wの蛍光灯をつかっていました。


30W といえば単純計算で  ÷12V= 2.5A 

かなりの電気喰いです。。。

アンチジェネ派の私としては 省エネは必須命題でありまして
前々から LEDへの変更を考えておりました。

とはいえ 市販品では高すぎますし、下手な工作をしても 使用電流が
思ったより減らない なんて 先人方のお話を聞いて 今まで躊躇していました。


今回のキャンカーショーでも探してみましたが やはりお値段が・・・・・ 


そして 某ネットサイトで見つけた こんなLED灯を付けてみました。
(詳細を書くと 宣伝とか回し者とか言われそうなのでやめておきます)


じゃん! (工作後です)


Dc021402


いくつか種類のある中で 真ん中の8Wタイプを購入。
(私が購入した直後 マイチェンされ スイッチ付になったようです)

お値段がボトル缶コーヒー10本分 超格安の大陸製

怪しい臭いがプンプンしますが ダメもとで 人柱になってみましたよ~~

LEDも最新型の5050ではなく SMD3014が 100個 

LED灯というと 青白いチョッと薄暗い灯りを想像していたのですが
いざ付けてみると・・・・・・

Dc021208

(見やすくする為 画像コントロールしてあります)

明るくて直視できません  狭い我が愛車では反射光も手伝って
30W蛍光灯の時よりも明るくなりました。
色味的にも 蛍光灯の昼白色のような感じで 青白さはありません。


ちなみに気になる使用電流は

蛍光灯 2.0A
Dc021213


LED  0.5A
Dc021205

安定化電源の簡易メーターの数字ですから 詳細は定かではありませんが
同条件で計測して 4分の1になったわけですから 御の字ですね。

あとは 天井に空いた 蛍光灯を留めてあった ビス穴を何とかせねば・・・・・



以上 工作時間 10分の 快適化でした。。。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2014年2月12日 (水)

★Japan CampingCar Show 2014 行ってきました★

雪の影響のない 初日 7日に 幕張の

「Japan CampingCar Show 2014」 へお邪魔してきました。

大きな渋滞もなく 12時過ぎに会場へ到着。

くるま旅クラブの会員のため 入場料は無料
(ちょっとだけ 優越感??? (笑) )


まずは、前回の記事のとおり オーニングハンガーの販売会社様へ御挨拶。


そして 今回の一番の目的 こちらを購入するために RV協会のブースへ

Dc021215

オートキャンパーでおなじみの さいば☆しん さんの提唱で 作成された
パークメイトステッカーです。

運よく 御本人もブースにおられ しばしお話させていただく事もできました。

さいば☆しんさん 
貴重なお時間をありがとうございました。
早速車に張らせていただきますね。
またいつかどこかで ご一緒させてください。


さて、メインの用事も済ませ、 ゆっくりと場内を見て回ります。
(出品車両の紹介は 他のみなさんにお任せすることに)

場内は ハイエース等の バンコンが目立ちましたね~~
軽キャンパーも出そろったのか 今回は目新しいものもなく
国産キャブコンに至っては 新型車両はほとんど見かけませんでした。


一通り見て回った後は 用品ブースへ。
激安のコールマン チェア他 数点を購入。 LED室内灯も探したのですが
貧乏人には お値段が・・・・・(笑)

そして今回最大の収穫は

Dc021217

ふらりと立ち寄った 某ビルダーさんのブースでゲットした
車中泊雑誌 「カーネル」 の ”年間無料購読件!!”

クイズに一問答えるだけで こんな凄い物がいただけるとは・・・・


大満足の一日でした!


因みに 相方は

ステージで 生 つるのさんが見れてご満悦

その後の料理ショーも楽しかったらしく、 お土産に
試供品も袋いっぱいいただいて 満足げのご様子。


ここ2,3年のキャンカーショーは イベント関係も充実していて
家族皆で楽しめる内容になっていますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2014年2月 5日 (水)

オーニングハンガー

久々の更新となります。

本当に久々でお恥ずかしい限りですが・・・・


さて 本日の私のお仕事は  こんな物
Dc020502_2

オーニングハンガーというのでしょうか?

サイドオーニングの先端の溝に このように引っかけて
Dc020513

ランタンを吊るしたり シートを垂らしたりする時に使うものです。


こちらを こんな大量に 作っておりました。

Dc020501

と言いますのも、私が仕事の合間に趣味で作っていた物が さる方のお目にとまり
今では 意匠登録もされ 立派な商品となって 巷に出回っているのです。

そしてこちらが 今回 幕張のキャンカーショーの会場で販売されることとなりました!


完全なハンドメイド、 一個 一個 手作業で作っている物です。

本来ならば 型を作ってそれなりの行程で作るものかもしれませんが
そんな事したら 数千個単位で作らなくては 1個あたりの単価が
とんでも無い金額になってしまいます。

よって少々 形がいびつだったりするものがあるかもしれませんが
そこはご愛嬌と言う事で お許しくださいませ。


しかし!  本業が テント屋の私が作る訳ですから 強度は折り紙付!

材料は 大型のテントや テント倉庫に使う 生地を使っています。
上に 人が乗っても破れないような特殊な生地なんですよ~。



そこで今回 どの程度の強度があるのか実験をしてみました。

これも 本来ならば 工業試験データを取らなくてはいけないのかもしれませんが
そんな事したら また 金額が!!!  現実的ではありません。


さて今回の実験方法ですが


自分の愛車の サイドオーニングで試してみる 勇気は・・・・・

ありませんので(笑)

用意したのが こちら

Dc020504

オーニングレールやテントバーと呼ばれる C型の溝がついた
アルミ板です。  ヨーロッパのトレーラーなどは これを側面につけて
サファリルームをつけたりしている車もありますね。

この バー 自体はアルミ製で あまり強度がありませんので
50㎜角の鉄材に ビスで取り付けて  フォークリフトの爪に渡し

Dc020505

石油が入ったポリタンクを 吊ってみるという 荒っぽい実験です。

18Lタンクですが 実際は19L以上入っていますし、タンクの重さも加味して

1個 20キロ として計算してみます。


タンク 1個の場合は 上の 写真のように軽々持ち上げます。

2個でも

Dc020507


ごらんのとおり まだまだ大丈夫。。。。

3個 60キロを持ち上げると・・・・・・

Dc020508

Dc020511

残念ながら ハトメ(金色の輪っか)部分が 生地より抜けてしまいそうに
なりましたので 実験を中止。。。。

そもそも オーニングハンガーとは  ランタンや洗濯物を吊るしたり
風除けシートを吊るしたり する時に使う物ですから 
ここまでの強度が必要かどうかはわかりませんが 
敢えて こんな実験をしてみました。


通常は 数kgの物を吊るすのにお使いください!!!


丈夫だからと 調子にのって 30K 40K もあるような物を吊るしたり
子供さんが ぶら下がったりすれば  オーニングハンガーは壊れなくても

大事な愛車の ”オーニング”が 間違いなく 壊れますよ!!!(笑)


さて この商品 どちらのブースで売られているかは 掲載できませんが
興味ある方は 会場内を探してみてくださいね。

とっても かわいいオリジナルネーミングで売られています。


自分で作った物が キャンカーショーの会場で 売られることになるとは・・・・(驚)
人生何があるかわかりませんね~~

と 同時に ネット社会の凄さを実感しているところです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年8月22日 (木)

福知山の事故を考える その2

前回 福知山の事故について 書いてみました。
http://kankiti.cocolog-wbs.com/blog/2013/08/post-d913.htm

ことのほか反響が大きく  他にも感じることがありましたので
追加でこの記事を書くことにします。


今回の痛ましい事故、 起きてしまったからには 今さら何を言っても
取り返しはできません。  検証をして二度と同じような事がおこらないように
することは大事ですが それはその筋の方にお任せするとして。。。


私が気になった事。  主催者である 地元商議所の方が

「直接的原因は 露天商にあるが 道義的責任は私達にもある」

と 例によって 逃げ口上ともとれる 言い訳じみた謝罪をしておられました。

これって・・・・・・  どうして お偉いさんや役所の方々は 責任を人に
なすりつけたがるのでしょうか?????


逆を言えば 庶民が事を起こす時 役所や企業は 責任の所在をはっきりした上で
事を進めようとされます。

まっ、 平たく言えば イベント事をやるなら 責任はすべてお前らがとれよ
それなら 金を出してやる 場所を貸してやる 名前を貸してやる  

そんなところでしょうか(笑)



数年前まで私は 某総理大臣経験者も所属していたという 全国組織の
ボランティア団体に 所属しておりました。


その活動の中で 町興しの小さなイベントの 実行委員長をさせていただいた事が
あります。  福知山と比べたら 二日間で1万人にも満たない 小さな小さな
イベントですが  新規の事業という事もあり、企画段階から 
それはそれは 大変な毎日でした。


地元を巻き込んで イベントを開催するには 各団体の同意を取り付けなくては
なりません。  市役所に始まり  観光協会、漁協、商工会、消防、警察、
海上保安庁、 地元の有力企業 等々。。。

これらを廻って協力を仰ぐ時に真っ先に問われることは

「安全対策はどうなっているのか?」 という事なのです。


幸い私共の団体は イベント事にはそれなりのノウハウを持っていましたので
先輩方のお知恵を拝借し ド素人の私でもそれなりの事ができてしまったのですが


絶対に事故を起こさないために いくつかの ”鉄則” がありました。

その中でも 今回の事故に通じる部分として

会場内で ”発電機や火気を使わない” というものがありました。


とはいえ、 この時のイベントでも 付帯部分として  50店舗程の屋台が
出店されていました。  夜も含めたイベントでしたので 電気も火も使えない
のは困りますよね。  どうしたのかと言えば・・・・・・


少し離れた所に 大型のディーゼル発電機を2台置き 会場内に仮設の電柱と
電線を張り巡らして 各店舗に配線。  
ガス等の火気を使う飲食店の場合はこれまた少し離れたエリアに 
ガス調理専用のエリアを設け そtこで調理した商品のみを会場のテントで売るか、
電気式の調理器 もしくは ”炭コンロ”を使ってもらう  というものでした。


当時は そこまでやる必要があるのかなあ??????

と 実行委員長の私でも首をかしげる内容でしたが 今となってみれば
そこまで考えていた 先輩方の知恵に脱帽です。


会場内でガスを使わずに露天を開け という内容には
プロの方というか そっち方面の方々より かなりの横やりが入りまして
結構大変な思いをしました。  

今回の福知山もそんな経緯から あのエリア内は あちらの方々任せ
というのもあったのかもしれませんね。



おまけとして 億単位の 保険に加入することも 鉄則でした。


もしもの場合には  責任をとる=賠償責任  という事。


この部分が 担保されていれば 他に責任をなすりつけることなく

自ら 「謝罪」 することが可能ですから。。。。



お読みいただいている皆さんも  次回何かしらのイベントに出かける場合には
裏方の皆さんの 苦労や安全対策を 考慮しながら 会場内を巡ると
違った楽しみ方ができるかもしれませんよ~。





最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年8月19日 (月)

福知山の事故をテント屋の立場で考えてみる

福知山の花火でおきた爆発事故、ついに死者がでてしまったようですね。
亡くなられた方のご冥福を祈るとともに けがをされた方の一日も早いご回復を
お祈りします。 

私も花火が好きであちらこちら出かけますし、同じような露店で買い物
する機会も多く、人事ではありません。

そんな悲惨な事故を私の仕事を通して考えてみたいと思います。

ニュースで流れた 事故の瞬間を捉えた動画や
こんな画像をみると一つの事がわかります。

598564_c450_2 
(ニュース画像より拝借しました)

露店の屋根や後部に吊されていたであろう、布生地が燃え尽きていますね。

関西ではどうなのかわかりませんが 東海や関東では この部分に独特な
”布生地”を使います。

厚さは違いますが、昔 林間学校で使った 二本のポールで立てる
黄色い三角テント  あのかび臭いやつと同じ 綿生地のようなあれです。

いわゆる 布ですから 防水効果は薄く これに撥水塗料を
塗布して防水性を高めます。

布にセメダインを塗りつけるようなものですから 大変良く ”燃えます!”

古くなれば 露天の調理の際に飛び散った 油汚れも染み込みますから
なおさらです・・・・・

しかし 奥側の露天に 暖簾のように垂れ下がった生地やオレンジ色の天井
生地は 燃え残っていますよね。


これは どうしてか??????


その訳は ”防炎生地” と呼ばれる 消防庁認定の 燃えにくい生地を
使っているからです。   横断幕に使われるような ターポリン(PVC)と呼ばれる
ツヤツヤした 白い生地と同じような物と思われます。


もし、爆発した店の天井や後部にも この 防炎生地が使われていたら????


ニュースの動画で見る限り 爆発の後も 露天の周囲がメラメラと燃えていました。


もしも 防炎生地が使われていたら このメラメラは・・・・

”爆発” は防げなかったでしょうが、 その後の延焼による二次災害や
二度目の小爆発は防げていたかもしれません。

もしかしたら けがをされた方も 減っていたのでは????



工場にお勤めの方は 詳しいかと思いますが
工場の中には 燃えやすい物は置かないように 指導されているはずです。

危険物や火気をを扱うエリアでは 防炎どころか それ以上の
”不燃”の素材しか使う事ができません。


しかし。露天商の場合は・・・・・・
保健所の 衛生検査は徹底されても 店そのものを構成する部材を
取り締まる法律や役所が存在しません。



私は いわゆる テント屋 を営んでおります。

よって、たまに露天商の方から これらの部材のご注文をいただきますが、
上記の理由から 防炎素材をお勧めしています。
中には 使い慣れた 布生地で 作ってくれと 言われる場合もありますが
そのような場合は すべてお断りさせていただくようにしております。



さて これらの事をふまえて 我々の ”キャンピング” に使う テントや
オーニング サファリルームについても考えてみることにします。


キャンプ用テントは この ”防炎”になっていないものが数多くあります。

ホームセンターで売られている ワンタッチテントの多くは 防炎になっていません。

天井はともかく 横幕をつけて ツーバーナーやBBQコンロを使っている方を
良く見かけますが 私共からすると・・・・・


以前、キャンプ場で オーニングの下を ブルーシートで作った自作の
サファリルームで囲み  中で 薪ストーブを使われている御仁をお見かけしました。

私からすると 「あんた キャンピングカーを燃やしたいの????」

って思ってしまいます(笑)


滅多な事はない 俺は大丈夫 と思われての行動かもしれませんが
滅多にない事が起きてしまったのが 今回の事故です。


皆さんも 今一度 ご自分がお使いの テント、オーニング、サファリルームが
”防炎” や ”不燃” 構造になっているのかを再度 お確かめいただいた上で
バーナーやコンロ等の火気の使用をしていただきたく

今回のような  ”生意気な” 記事を書いてみました。


ちなみに 私がお仲間やブログを通じて知り合った皆様に お譲りした

オーニングルームや遮光幕の類は すべて 消防庁認定の 
国産 ”防炎” 生地ですから ご安心ください!!!!!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年7月13日 (土)

★ やっちまったなあ・・・・ 8.8V ★

最近、仕事が忙しく ブログ更新を怠っておりました。

そんな中 久々に書いたこんな記事
http://kankiti.cocolog-wbs.com/blog/2013/07/post-a3bb.html
が ブログ村 一位になったりなんかして 驚いております。

仕事と私用で 年間4万キロほど走ります。
これだけ走ると 運転の上手い下手は 別に 色々な物が身についてきます。
色々な事も経験もします。 
そんな中 見た事 知った事 ネタはまだまだありますから 少しづつ
書いてみたいともいます。。。

さて本題。

仕事が忙しいです。。。。

キャンピングには GW以降一度も乗っていません。

車庫で放置プレイです・・・・・・・・・



先日、一時的に動かそうとしたら バッテリー上がりのためエンジンがかかりません、、、、


やっちまったなあ(涙)  シールドバッテリーさんは一度ご臨終されると・・・・・・

また出費が・・・・・・



とりあえず車を動かさなくてはいけません。
ここは キャンピングの得意技!  サブバッテリーとケーブルを繋いで 
エンジンをかけ その場は何とか凌ぎました。



そして昨日


夜、静まり返った車庫に 別件で入ると

「 ピー 」  という かすかな警報音が・・・・

嫌な予感がして キャンピングのエントランスを開けると!


インバーターの警報音が 力無く 「ピー」 と ささやいています・・・・・


「やっちまったなあ!」



バッテリー電圧   「 8.8V 」



ついにやってしまいました。


先日のバッテリー上がりの際、 一時的に走行充電系を遮断しようと
ゴソゴソやったついでに インバーターのスイッチが入ってしまったようで・・・・

エンジンかけることに夢中で 不用意に入ってしまった電源など
チェックするはずもなく・・・・・・


インバーターは プロテクターを無視して直接配線してますから
こんな結果に・・・・・・・

ディープサイクルとはいえ ここまで深放電させたら もう無理ですよね~~



涙 涙 涙


また出費が・・・・・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年7月11日 (木)

★あわや大事故 こんなドライバーには気をつけろ!★

お久しぶりです。

仕事が忙しく 更新を怠っていましたが 一段落しましたので
また少しづつ アップしていきたいと思います。

さて、今回は 危険運転のお話。


数日前、仕事で走行中 前から走ってきた ”おばちゃん”の運転する車と
あわや正面衝突!! 間一髪 回避できましたが 今思い出しても
ゾッとします。。。

詳細はこんなです。

地元では通称 ”玉ねぎ道路” と呼ばれる 玉ねぎやタバコの葉を栽培する
畑が一面に広がる 見通しのいい畑の中の一本道です。

前後を走る車もなく 見通しの良い直線ですから 悪いとは知りつつも
おのずと 走行ペースは上がってしまいます。

すると 前から一台、白い車が。
タイミングの悪い事に 対向車線の路肩には 農作業中の 軽トラックが一台
路駐しています。  タイミング的には こちらの方が先、 ましてや”優先権”は
こちらにありますから 何も考えずに 速度を落とすことなく 突っ込んでいきました。


すると。。。。

えっ??? まさか???

対向車のおばちゃん 路駐している軽トラックを追い越そうと
センターラインを超えてくるではないですか!!

やばい! ぶつかる!!!  あわてて 急ブレーキを踏みます。

しかし! 運の悪い事に 畑からはみ出した 路肩の砂に 後輪をとられ
ABSが作動する前に スリップしてしまいました。
左のテールが スライドして 車は 斜めに・・・・

後は 自分で何をしたのか 判りません。。。

でも 何とか車の挙動を制御し 回避した瞬間  横を通りぬけて行った

”ばばあ” の 顔を忘れることはできません。

「何してるのよ、 私が通るんだから道を開けなさいよ」 と言わんばかりの
ドヤ 顔  今思い出しても 腹がたつ・・・・・

対向車が 俺じゃなかったら あんた 今頃・・・・・  ああ腹がたつ。。。。。


申し訳なさそうにしているのなら まだしもねえ。



と 同時に 昔 取引先で見た 掲示板を思い出しました。
こちらの会社 フロアの社員のほとんどは 車で外回りをする事が仕事の
方たちですから トイレや掲示板等 あちらこちらに 交通安全 注意喚起のための 
標語やポスターが張られています。  

そんな中で見た張り紙の一枚が・・・・


走る 赤信号!  走る凶器!

こんなドライバーには気を付けよう!

・ツバ付の大きな帽子をかぶったまま運転している
・白い手袋をしている
・黒いアームカバーをつけている
・茶色もしくは青色のサングラスをしている
・車両は 一昔前の白いセダン または軽自動車

こんな条件に該当する ”おばちゃん”ドライバーは
自分の事しか考えていません。 
周囲に こんな車を見つけたら 最善の注意をはらって運転しましょう!  と。



今回のおばちゃんがまさしくそれ。

白の帽子と手袋。 茶色のサングラス 今は亡き 白色のサニー  でした。。。 

お読みいただいている 皆さんも こんなドライバには お気を付けあれ。。。



かく言う私も  ドライブレコーダーを早急に つけなくては!!!



最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年5月23日 (木)

★GW中に 見た・感じた 車中泊事情 その2★

GWは 群馬で遊ばせてもらったお話の続きです。

結局 車中泊場所難民となってしまった私たちは
安眠できる場所を求めて 群馬の山間部をさまよう事になります。

私の行動パターンとしては 食事をしてお風呂に浸かって その後
翌日の観光場所に近い車中泊場所に移動してから  隅っこを拝借して 
仮眠という場合がほとんどです。


となると いざ車中泊場所に行ってみると いっぱいで入れない!
車中泊できるような雰囲気じゃない! なんてことはしばしば・・・

今回と同じように 夜中の徘徊はよくある事なんですが・・・・

今度ばかりは・・・・  無計画な旅が災いして、結局3泊すべて 
同じパターンになってしまいました! (笑)


今回ばかりは  そんな自分の行動を 猛反省!!!

やはり 事前の計画は重要ですね。


とは言っても 無計画でも 突然でも いつでも 旅に出かけられるのが
キャンピングカーの”特権” なんですがね~~~


そう言えば、タイムテーブルを作って 車旅をされている方もおられるとか・・・・
見習わなくては・・・・・・(笑)



さて、そんな夜中の徘徊を繰り返したおかげで 見えてきたことも・・・・


群馬県には 道の駅が沢山あります。
草津の道の駅のように 車中泊の車でいっぱいになってしまうような所もあれば
GWにも関わらず、ほんの数台しか止っていないような 道の駅までいろいろです。


車中泊の台数が少ないところでは テントを張ったり 集団で宴会したり
するような 目にあまる行動をされる方は皆無だったという事実。

もちろん 台数が多くなればマナーの悪い人も増える という”確率”の問題も
あるかもしれませんが、 ”集団心理” というのもあるのではないでしょうか?

隣がやっているから 俺たちも! 私達も! という考えが少なからず
あるように感じたのは 私の思い違いでしょうか???


天狗山駐車場で見た ”確率”を当てはめたら 思い違いではないはずですが。



ここで 愚痴をちょっと・・・・

車中泊で ジェネを回すな! とは言いません
テーブル出して 食事するなとも 言いません・・・・


でもね、朝の6時から 現場で使うような フレーム型の”発電機”を
回すのはやめて~~~ せめて EUみたいな静音型にしてくれよ~~~

テーブルの上でお湯沸かす時は ピーピーなる家庭用じゃないやつにして~~
せめて 火をつけたまま 犬の散歩に行かず 音がしたらすぐに消せる
距離にいてよ~~~


GWは 毎年のように こんな御仁達のおかげで 超早起きになってしまうのは
偶然??? 私の運が悪いだけ????(笑)


ちなみに、今年出会った これらのお二方 どちらも JJ世代。
シルバーグレイの頭髪にチノパンとワイシャツという トラッド系ファッションに
身を包んだ   見るからに それなりの学歴、それなりの職業について
おられるような雰囲気の御仁でした。。。


私達の大先輩、 普段は人の上に立つ 立場のお方のはずなのですが・・・



最後に 気持ちよく、楽しく、安心して くるま旅 ができるよう

一刻も早く 湯YOUパーク や RVパークのような 施設が普及してくれる
事を切に望みます!  RV協会さん がんばってください!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年5月22日 (水)

★GW中に 見た・感じた 車中泊事情 その1★

今年のGWは群馬方面で 温泉三昧させていただきました。

出かける直前までというか 家を出てからも行き先が決まらずに
山梨県内を走行中に 行き先を決定するという 無謀な旅でした(笑)

挙句に 頼みの綱のタブレットが充電不良を起し ネットに繫げることができず
現地の情報もとれないままの 行き当たりばったりの旅となってしまいました。

さて、そんな旅で感じたのは とにかく 車中泊の方とツーリングのライダーの数の多さ です。
1000円高速が終了し 車中泊ブームも下火になるのかな と思いましたが
決してそんなことはないですね。 関東という土地柄かも知れませんが 昨年よりはるかに
多かった気がします。


そんな状況下で 見て・感じた 車中泊の現状について書いて見たいと思います。

聖人ぶったり マナー違反を密告する為の記事ではありません。
ただ、悲しい思いをしたことを綴り 自分の行動に 自戒の念を込めた記事です。


まずは草津にて

何分、ネットがつながりませんから アナログ勝負! 地元の観光パンフをもらうために
入った 草津の道の駅での事です。   駐車場は満杯  入り口の隅で駐車場が空くのを
待ちますが 一向に空く気配がありません  駐車台数の割に 駅舎の人影は
まばらです。  まだ午後の3時台 早くも車中泊の場所取りか???
そんな訳はないかと思いつつも 後続車にクラクションを鳴らされ 仕方なく
次を目指します。

日帰り入浴の場所を見つける事ができずに、 前回も入った”大滝の湯”を選択。

しかし、ここの駐車場もいっぱいです。  とはいえ お風呂には入りたいですから
車列の最後尾に並びます。  しばらく並んでいましたが キャンピングが入れる
ような大きなスペースが空く事は無く 係りの方が ここに停めちゃってくださいと
”路駐”を支持されました。

駐車場がこれだけ混んでいるということは 風呂内も相当の混雑が予想されます
ので、 車内で 食事をして 時間を潰すことにしました。

営業終了時間が近づいても 車の数は一向に減る気配はありません。

あきらめて 風呂に向かいますが 風呂内は思ったほど混雑していませんでした。

どうして????


帰ってからネットで調べてみると  ”湯畑”に一番近い穴場無料駐車場とか
温泉地のど真ん中で車中泊ができる場所 として ブログやHPで紹介されている
方が結構 いらっしゃるんですよね~~~  
道理で お土産抱えて 湯畑方面から歩いてきた方や 車中泊らしき車を多く
見かけたわけです。

ちなみに こちらの駐車場  何年か前のGWに 私も車中泊させていただいた
事があります。  その時は朝風呂にも入ってみたく 係りの方に交渉して
許可をもらってから 車中泊させていただいたのですが 今回と同じ時間帯に
駐車場は ガラガラでした。

そんな私の行為を見かけ 自分もここで車中泊をしようと思われた方が
一人でもいるとしたら・・・・・・

今回の混雑の原因を作るのに 一役かってしまったのかもしれないと思うと
とても複雑な気持ちになりますし、 自分の行為を反省しています。 


ここの駐車場 近くにトイレはありません。
普通車で車中泊の方は どうされているのでしょうか????



話は戻り 食事と風呂を済ませ 今宵の車中泊場所を探しに出かけます。


とりあえず、先ほどの道の駅まで戻りますが 全く空きスペースがありません。
数十台停められる駐車場にも関わらず 一台の空きもありません。
驚いたことに 夕方止まっていたキャンピングカーは この時間も動くことなく
車中泊をされていました。  ということはやはりあの時間からずっと・・・・・

周りの普通車も同じなのかもしれませんが 残念ながら記憶にとどめていません。

”キャンピングカーが目立つ” ってこの事を言うのですね。

あの時間から 駐車しっぱなしは 明らかに営業妨害です。

少なくとも パンフをもらって土産を買いたかっただけの お客一組を 確実に
逃すことになったのですからね~(笑)



次に行ったのは 天狗山駐車場

ここは 新聞や各種HP等で マナーの悪い車中泊場所として 話題になった 
悪名高き駐車場でもあります。

深夜にもかかわらず テントを張って宴会されている方
エンジンを掛けたままの普通車組
車を ロの字に停めて 真ん中で宴会してるキャンカー軍団
テント泊のライダーさんたち
ジェネ廻したままのアメ車軍団  等々

ここはキャンプ場? 


そりゃ 新聞に書かれる訳ですな。


ちなみに ここに泊まっていた数十台の車中泊車 すべてがこんな事を
していたわけではありません。 大多数の方は マナーを守って静かに車中泊
されていた事を付け加えておきます。


広い駐車場ですが 車中泊の方があまりに多く  残念ながら空いている
スペースは上記の皆さんの周囲のみ・・・・・・

そんな方々と一緒にされるのも嫌ですし ゆっくり寝ることができませんから
泣く泣く 翌日の万座温泉をあきらめ 山を駆け下り 安眠できる場所を
捜して 深夜の徘徊をする事になってしまった 私たちでした。

長くなってしまいましたので 次回に続きます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年5月21日 (火)

★ キャンカー6回目の車検 ★

先日、愛車 キャットが 6回目の車検を受けました。

6回目という事は 満12歳 完全にオールドキャンパーの仲間入りです!

私の手元にやってきてから 4回目の車検となる訳ですが
今回は 10万キロ目前という事もあり、 今までとは違い
大きな出費となってしまいました。

手を加えたのは

・タイミングベルト交換
・下回りシャシーブラック塗布
・ショックアブソーバー 4本交換

手を加えた箇所は少ないですが 大物が続きましたので

諸費用込 トータル 22万円 ほど。

とは言え、取引先のモータースに無理を言って値引きしてもらいましたので
2000ccのキャンピング一台としては安い方かもしれません。


ですがこの後 夏までに リアのコイルサスとタイヤを交換しなくてはいけませんので
出費はまだまだ続きます・・・・ 

キャンカーってお金がかかりますね~~~~

宝くじ当たらないかなあ・・・・・・・・(笑)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

«静岡でキャンピングカーショー開催