フォト

  • ブログ村
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ミシンを使う仕事って??? | トップページ | セキソーボディー キャット というキャンピングカー »

2011年4月24日 (日)

震災と原発(その1)

今回の震災と原発事故により 被災された皆様に

謹んでお見舞い申し上げます。 

また一日も早く、心穏やかに過ごせる日々を取り戻す

事ができるよう願っております。

 

 

 私はあえて“復興”という言葉は使いません。 

宮城や岩手で被害に遭われた皆様にとっては 

3月11日が底であり、これからは復興なのかも

しれません。 ただ 福島の皆様におかれましては 

まだ底が見えていない状態かと思います。 

東海地震の震源域まっただ中である、静岡県の遠州地方、

ましてや浜岡原発の20キロ圏に居住する私としましては 

とても他人事ではなく “復興”という言葉は

使う気になれません。

 

震災や福島の原発事故がテレビやネットで

取りあげられる度に 得体の知れない恐怖が襲ってきます。 

考え出すと頭が膿んで はちきれそうになります。

そんな自分の気持ちを整理するためにも

思うことを書き綴ってみようと思います。

 

まず初めに断っておきますが、私は原発否定派ではありません!

どちらかといえば“推進派”です。 

故に今回の事故はいろいろな意味で衝撃的でした。 

この地域に住む人の多くは 今回のことを自分に置き換えて

考えたはずです。 もちろん 私もその一人であります。

 今回と同じことがこの地域で起こったとしたら・・・・・

(今回の地震と東海地震は違うから 同じことは起きることはない!

と断言する方もいますが・・・ あくまでも仮定ということで)

 

この地域は 震度7以上の激しい揺れに襲われるとされています。

倒壊家屋も東北地方以上かと思われます。

津波は・・・・・ 

地形が違うため素人にはわかりませんが、

同等の物が襲ったとしたら 浜岡原発も無傷では無かったはずです。 

そのまま今の福島と同じ状況になったとしたら・・・・

半径20キロエリアの人々が一晩で避難するとしたら・・・

少なく見積もっても30万人 30キロにすると??? 

福島の比ではありません。 

何処に避難するのでしょう? 想像できないパニックと交通渋滞が予想されます。  

もし自分が、潰れた家の下敷きとなって息も絶え絶え状態だとしたら?

そのまま見捨てられてしまうのでしょうか???

 

 

仮に何とか避難を完了したとします。 

その後に襲ってくるのは 想像を絶する経済被害です。 

私も自営業をしておりますが 工場が無くては当然ながら仕事はできません。 

借金は? 社員の給料は?

一律100万もらっても 会社の借入金の返済に終わってしまいます。

会社の借入金といえども 保証人は“私”ですからねえ~~~

この地域は農業地帯であると同時に 自動車産業や薬品関連の

下請け工場が多く集まる 工業地帯でもあります。

小さなものまで含めると 数百になるはずです。

スズ○に至っては 最終組み立て工場自体が 半径20キロ以内に入ってしまいます。

国内自動車会社のほとんどは 生産がストップするはずです。

代替部品を調達するにも相当な時間がかかると思われます。

今の日本で自動車産業が半年止まったら・・・

考えたくもありません・・・(涙)

半径20キロにあるものは 他に・・・・・

東名高速と新幹線、東海道線がすっぽり収まってしまいます。

この日本を支える大動脈が数か月、数年使えないとしたら・・・・・

経済損失って幾らになるのでしょう?

新幹線が使えなければ 飛行機で とおっしゃる方も

いるかもしれませんが、 関西や中京圏と羽田を結ぶ

航空機のほとんどが このエリアの上空を飛んでいますので 

少なからず影響があるものと思われます。

 国内のお茶生産量の何分の一かはこのエリアで栽培されています。

お茶離れがさけばれていますので これに関しては

影響がないかもしれませんが・・・・

 静岡空港も御前崎港もエリア内です。 

震災の際、救助救難の前線基地になると期待されていた

この二つが使えなくなることも 

復旧、復興の大きな妨げになるはずです。

こんな恐ろしいことを考えるから 

頭が膿んでくるんです・・・(笑)

 次回はもう少し前向きなこと考えてみたいと思います。

« ミシンを使う仕事って??? | トップページ | セキソーボディー キャット というキャンピングカー »

キャンピングカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574542/51481418

この記事へのトラックバック一覧です: 震災と原発(その1):

« ミシンを使う仕事って??? | トップページ | セキソーボディー キャット というキャンピングカー »