フォト

  • ブログ村
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« キャンピング修理② ベントファン クランクハンドル交換の巻 | トップページ | お仕事紹介 レザーマット張り替え編 その1 »

2011年6月19日 (日)

キャンピング修理 バゲッジドア キーシリンダー交換の巻

本日は キャンピング修理 第3回
キーシリンダー交換作業 顛末記です。

私のキャンカーには リアにトランク用
バゲッジドアがあります。 

Dc061713_2
そこについている キーシリンダーのキーがこんな具合に

Dc061723_2
合鍵を使おうにも、先端部が内部に残ってしまい
どうにもこうにも なりません・・・・・

こちらも ロータスさんにお願いして 同型のキーシリンダー
を送ってもらいました。 届いた商品がこちら

0210030000153
我が家のキャンピングは リアトランクスペースが
室内からもアクセスできますので スペースに
もぐりこんで作業開始です。

Dc061712_2
センターのネジを外したら 奥側のナットをモンキーで緩めます。
(今回は裏側から作業できましたが、裏側から作業できない
 フロア下のバゲッジドア等はどうするのでしょうか????)

ナットを緩めるとと、内側のシリンダー部がポロッと外れます。

ここで問題発生!

外側のツバ部分 (カラー? ソケット?) がどんな事をしても
外れません。 よく見ると シール材でベタベタにコーキング
されています。 どうやら この裏側についている
食い込み防止用の 台形の補助板から外す必要がありそうです。

Dc061716_2

ここからは 気合と根気です(笑)

コーキング材をカッターで切りとりながら
マイナスドライバーとショックハンマーで 少しづつ
力任せにというか 無理矢理に(笑)
外しました。

Dc061718_2

ようやく顔を出した ソケットの裏側部分です。

これも裏側から マイナスドライバーとショックハンマーで
コンコン叩いて外します。

この間 格闘する事 15分。。。

ちょっと ここでコーヒータイム(笑)

休憩の後は 先程と逆の要領で キーシリンダーを
はめていきます。  そうそう 今回も一応
シール材を詰めておきました。

最後に 裏側部分のフック部分の”かみ合わせ”調整です。
今回は 少しの振動でも動いてしまうくらいユルユルでしたので
ペンチで内側に折り曲げて調整。 作業完了です!!

Dc061719_3

業者さんに頼めば 数千円???

自分でやれば 1000円ちょっと。。。


おすすめ DIYですよ。。。


今度のキーは 交換前の物とくらべて 大きさも厚さも 1.5倍
あります。 これなら 折れたりする確率も低そうです。

他のキーも交換しておこうかなあ。。。。

もうひとつ作業しながら思ったこと・・・・・
キーが共通の キーシリンダー複数個セットって
どうして売られていないのでしょう???

あったら 便利なのに・・・・・

私のキャンピング用 キーホルダーは
各種ドアキー メインキー 等 10個ちかく鈴なりになってます(笑)


ブログ村参加してます  ↓↓↓




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

« キャンピング修理② ベントファン クランクハンドル交換の巻 | トップページ | お仕事紹介 レザーマット張り替え編 その1 »

キャンピングカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574542/51990090

この記事へのトラックバック一覧です: キャンピング修理 バゲッジドア キーシリンダー交換の巻:

« キャンピング修理② ベントファン クランクハンドル交換の巻 | トップページ | お仕事紹介 レザーマット張り替え編 その1 »