フォト

  • ブログ村
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ざれごと

2013年8月22日 (木)

福知山の事故を考える その2

前回 福知山の事故について 書いてみました。
http://kankiti.cocolog-wbs.com/blog/2013/08/post-d913.htm

ことのほか反響が大きく  他にも感じることがありましたので
追加でこの記事を書くことにします。


今回の痛ましい事故、 起きてしまったからには 今さら何を言っても
取り返しはできません。  検証をして二度と同じような事がおこらないように
することは大事ですが それはその筋の方にお任せするとして。。。


私が気になった事。  主催者である 地元商議所の方が

「直接的原因は 露天商にあるが 道義的責任は私達にもある」

と 例によって 逃げ口上ともとれる 言い訳じみた謝罪をしておられました。

これって・・・・・・  どうして お偉いさんや役所の方々は 責任を人に
なすりつけたがるのでしょうか?????


逆を言えば 庶民が事を起こす時 役所や企業は 責任の所在をはっきりした上で
事を進めようとされます。

まっ、 平たく言えば イベント事をやるなら 責任はすべてお前らがとれよ
それなら 金を出してやる 場所を貸してやる 名前を貸してやる  

そんなところでしょうか(笑)



数年前まで私は 某総理大臣経験者も所属していたという 全国組織の
ボランティア団体に 所属しておりました。


その活動の中で 町興しの小さなイベントの 実行委員長をさせていただいた事が
あります。  福知山と比べたら 二日間で1万人にも満たない 小さな小さな
イベントですが  新規の事業という事もあり、企画段階から 
それはそれは 大変な毎日でした。


地元を巻き込んで イベントを開催するには 各団体の同意を取り付けなくては
なりません。  市役所に始まり  観光協会、漁協、商工会、消防、警察、
海上保安庁、 地元の有力企業 等々。。。

これらを廻って協力を仰ぐ時に真っ先に問われることは

「安全対策はどうなっているのか?」 という事なのです。


幸い私共の団体は イベント事にはそれなりのノウハウを持っていましたので
先輩方のお知恵を拝借し ド素人の私でもそれなりの事ができてしまったのですが


絶対に事故を起こさないために いくつかの ”鉄則” がありました。

その中でも 今回の事故に通じる部分として

会場内で ”発電機や火気を使わない” というものがありました。


とはいえ、 この時のイベントでも 付帯部分として  50店舗程の屋台が
出店されていました。  夜も含めたイベントでしたので 電気も火も使えない
のは困りますよね。  どうしたのかと言えば・・・・・・


少し離れた所に 大型のディーゼル発電機を2台置き 会場内に仮設の電柱と
電線を張り巡らして 各店舗に配線。  
ガス等の火気を使う飲食店の場合はこれまた少し離れたエリアに 
ガス調理専用のエリアを設け そtこで調理した商品のみを会場のテントで売るか、
電気式の調理器 もしくは ”炭コンロ”を使ってもらう  というものでした。


当時は そこまでやる必要があるのかなあ??????

と 実行委員長の私でも首をかしげる内容でしたが 今となってみれば
そこまで考えていた 先輩方の知恵に脱帽です。


会場内でガスを使わずに露天を開け という内容には
プロの方というか そっち方面の方々より かなりの横やりが入りまして
結構大変な思いをしました。  

今回の福知山もそんな経緯から あのエリア内は あちらの方々任せ
というのもあったのかもしれませんね。



おまけとして 億単位の 保険に加入することも 鉄則でした。


もしもの場合には  責任をとる=賠償責任  という事。


この部分が 担保されていれば 他に責任をなすりつけることなく

自ら 「謝罪」 することが可能ですから。。。。



お読みいただいている皆さんも  次回何かしらのイベントに出かける場合には
裏方の皆さんの 苦労や安全対策を 考慮しながら 会場内を巡ると
違った楽しみ方ができるかもしれませんよ~。





最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年8月19日 (月)

福知山の事故をテント屋の立場で考えてみる

福知山の花火でおきた爆発事故、ついに死者がでてしまったようですね。
亡くなられた方のご冥福を祈るとともに けがをされた方の一日も早いご回復を
お祈りします。 

私も花火が好きであちらこちら出かけますし、同じような露店で買い物
する機会も多く、人事ではありません。

そんな悲惨な事故を私の仕事を通して考えてみたいと思います。

ニュースで流れた 事故の瞬間を捉えた動画や
こんな画像をみると一つの事がわかります。

598564_c450_2 
(ニュース画像より拝借しました)

露店の屋根や後部に吊されていたであろう、布生地が燃え尽きていますね。

関西ではどうなのかわかりませんが 東海や関東では この部分に独特な
”布生地”を使います。

厚さは違いますが、昔 林間学校で使った 二本のポールで立てる
黄色い三角テント  あのかび臭いやつと同じ 綿生地のようなあれです。

いわゆる 布ですから 防水効果は薄く これに撥水塗料を
塗布して防水性を高めます。

布にセメダインを塗りつけるようなものですから 大変良く ”燃えます!”

古くなれば 露天の調理の際に飛び散った 油汚れも染み込みますから
なおさらです・・・・・

しかし 奥側の露天に 暖簾のように垂れ下がった生地やオレンジ色の天井
生地は 燃え残っていますよね。


これは どうしてか??????


その訳は ”防炎生地” と呼ばれる 消防庁認定の 燃えにくい生地を
使っているからです。   横断幕に使われるような ターポリン(PVC)と呼ばれる
ツヤツヤした 白い生地と同じような物と思われます。


もし、爆発した店の天井や後部にも この 防炎生地が使われていたら????


ニュースの動画で見る限り 爆発の後も 露天の周囲がメラメラと燃えていました。


もしも 防炎生地が使われていたら このメラメラは・・・・

”爆発” は防げなかったでしょうが、 その後の延焼による二次災害や
二度目の小爆発は防げていたかもしれません。

もしかしたら けがをされた方も 減っていたのでは????



工場にお勤めの方は 詳しいかと思いますが
工場の中には 燃えやすい物は置かないように 指導されているはずです。

危険物や火気をを扱うエリアでは 防炎どころか それ以上の
”不燃”の素材しか使う事ができません。


しかし。露天商の場合は・・・・・・
保健所の 衛生検査は徹底されても 店そのものを構成する部材を
取り締まる法律や役所が存在しません。



私は いわゆる テント屋 を営んでおります。

よって、たまに露天商の方から これらの部材のご注文をいただきますが、
上記の理由から 防炎素材をお勧めしています。
中には 使い慣れた 布生地で 作ってくれと 言われる場合もありますが
そのような場合は すべてお断りさせていただくようにしております。



さて これらの事をふまえて 我々の ”キャンピング” に使う テントや
オーニング サファリルームについても考えてみることにします。


キャンプ用テントは この ”防炎”になっていないものが数多くあります。

ホームセンターで売られている ワンタッチテントの多くは 防炎になっていません。

天井はともかく 横幕をつけて ツーバーナーやBBQコンロを使っている方を
良く見かけますが 私共からすると・・・・・


以前、キャンプ場で オーニングの下を ブルーシートで作った自作の
サファリルームで囲み  中で 薪ストーブを使われている御仁をお見かけしました。

私からすると 「あんた キャンピングカーを燃やしたいの????」

って思ってしまいます(笑)


滅多な事はない 俺は大丈夫 と思われての行動かもしれませんが
滅多にない事が起きてしまったのが 今回の事故です。


皆さんも 今一度 ご自分がお使いの テント、オーニング、サファリルームが
”防炎” や ”不燃” 構造になっているのかを再度 お確かめいただいた上で
バーナーやコンロ等の火気の使用をしていただきたく

今回のような  ”生意気な” 記事を書いてみました。


ちなみに 私がお仲間やブログを通じて知り合った皆様に お譲りした

オーニングルームや遮光幕の類は すべて 消防庁認定の 
国産 ”防炎” 生地ですから ご安心ください!!!!!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年5月23日 (木)

★GW中に 見た・感じた 車中泊事情 その2★

GWは 群馬で遊ばせてもらったお話の続きです。

結局 車中泊場所難民となってしまった私たちは
安眠できる場所を求めて 群馬の山間部をさまよう事になります。

私の行動パターンとしては 食事をしてお風呂に浸かって その後
翌日の観光場所に近い車中泊場所に移動してから  隅っこを拝借して 
仮眠という場合がほとんどです。


となると いざ車中泊場所に行ってみると いっぱいで入れない!
車中泊できるような雰囲気じゃない! なんてことはしばしば・・・

今回と同じように 夜中の徘徊はよくある事なんですが・・・・

今度ばかりは・・・・  無計画な旅が災いして、結局3泊すべて 
同じパターンになってしまいました! (笑)


今回ばかりは  そんな自分の行動を 猛反省!!!

やはり 事前の計画は重要ですね。


とは言っても 無計画でも 突然でも いつでも 旅に出かけられるのが
キャンピングカーの”特権” なんですがね~~~


そう言えば、タイムテーブルを作って 車旅をされている方もおられるとか・・・・
見習わなくては・・・・・・(笑)



さて、そんな夜中の徘徊を繰り返したおかげで 見えてきたことも・・・・


群馬県には 道の駅が沢山あります。
草津の道の駅のように 車中泊の車でいっぱいになってしまうような所もあれば
GWにも関わらず、ほんの数台しか止っていないような 道の駅までいろいろです。


車中泊の台数が少ないところでは テントを張ったり 集団で宴会したり
するような 目にあまる行動をされる方は皆無だったという事実。

もちろん 台数が多くなればマナーの悪い人も増える という”確率”の問題も
あるかもしれませんが、 ”集団心理” というのもあるのではないでしょうか?

隣がやっているから 俺たちも! 私達も! という考えが少なからず
あるように感じたのは 私の思い違いでしょうか???


天狗山駐車場で見た ”確率”を当てはめたら 思い違いではないはずですが。



ここで 愚痴をちょっと・・・・

車中泊で ジェネを回すな! とは言いません
テーブル出して 食事するなとも 言いません・・・・


でもね、朝の6時から 現場で使うような フレーム型の”発電機”を
回すのはやめて~~~ せめて EUみたいな静音型にしてくれよ~~~

テーブルの上でお湯沸かす時は ピーピーなる家庭用じゃないやつにして~~
せめて 火をつけたまま 犬の散歩に行かず 音がしたらすぐに消せる
距離にいてよ~~~


GWは 毎年のように こんな御仁達のおかげで 超早起きになってしまうのは
偶然??? 私の運が悪いだけ????(笑)


ちなみに、今年出会った これらのお二方 どちらも JJ世代。
シルバーグレイの頭髪にチノパンとワイシャツという トラッド系ファッションに
身を包んだ   見るからに それなりの学歴、それなりの職業について
おられるような雰囲気の御仁でした。。。


私達の大先輩、 普段は人の上に立つ 立場のお方のはずなのですが・・・



最後に 気持ちよく、楽しく、安心して くるま旅 ができるよう

一刻も早く 湯YOUパーク や RVパークのような 施設が普及してくれる
事を切に望みます!  RV協会さん がんばってください!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年5月22日 (水)

★GW中に 見た・感じた 車中泊事情 その1★

今年のGWは群馬方面で 温泉三昧させていただきました。

出かける直前までというか 家を出てからも行き先が決まらずに
山梨県内を走行中に 行き先を決定するという 無謀な旅でした(笑)

挙句に 頼みの綱のタブレットが充電不良を起し ネットに繫げることができず
現地の情報もとれないままの 行き当たりばったりの旅となってしまいました。

さて、そんな旅で感じたのは とにかく 車中泊の方とツーリングのライダーの数の多さ です。
1000円高速が終了し 車中泊ブームも下火になるのかな と思いましたが
決してそんなことはないですね。 関東という土地柄かも知れませんが 昨年よりはるかに
多かった気がします。


そんな状況下で 見て・感じた 車中泊の現状について書いて見たいと思います。

聖人ぶったり マナー違反を密告する為の記事ではありません。
ただ、悲しい思いをしたことを綴り 自分の行動に 自戒の念を込めた記事です。


まずは草津にて

何分、ネットがつながりませんから アナログ勝負! 地元の観光パンフをもらうために
入った 草津の道の駅での事です。   駐車場は満杯  入り口の隅で駐車場が空くのを
待ちますが 一向に空く気配がありません  駐車台数の割に 駅舎の人影は
まばらです。  まだ午後の3時台 早くも車中泊の場所取りか???
そんな訳はないかと思いつつも 後続車にクラクションを鳴らされ 仕方なく
次を目指します。

日帰り入浴の場所を見つける事ができずに、 前回も入った”大滝の湯”を選択。

しかし、ここの駐車場もいっぱいです。  とはいえ お風呂には入りたいですから
車列の最後尾に並びます。  しばらく並んでいましたが キャンピングが入れる
ような大きなスペースが空く事は無く 係りの方が ここに停めちゃってくださいと
”路駐”を支持されました。

駐車場がこれだけ混んでいるということは 風呂内も相当の混雑が予想されます
ので、 車内で 食事をして 時間を潰すことにしました。

営業終了時間が近づいても 車の数は一向に減る気配はありません。

あきらめて 風呂に向かいますが 風呂内は思ったほど混雑していませんでした。

どうして????


帰ってからネットで調べてみると  ”湯畑”に一番近い穴場無料駐車場とか
温泉地のど真ん中で車中泊ができる場所 として ブログやHPで紹介されている
方が結構 いらっしゃるんですよね~~~  
道理で お土産抱えて 湯畑方面から歩いてきた方や 車中泊らしき車を多く
見かけたわけです。

ちなみに こちらの駐車場  何年か前のGWに 私も車中泊させていただいた
事があります。  その時は朝風呂にも入ってみたく 係りの方に交渉して
許可をもらってから 車中泊させていただいたのですが 今回と同じ時間帯に
駐車場は ガラガラでした。

そんな私の行為を見かけ 自分もここで車中泊をしようと思われた方が
一人でもいるとしたら・・・・・・

今回の混雑の原因を作るのに 一役かってしまったのかもしれないと思うと
とても複雑な気持ちになりますし、 自分の行為を反省しています。 


ここの駐車場 近くにトイレはありません。
普通車で車中泊の方は どうされているのでしょうか????



話は戻り 食事と風呂を済ませ 今宵の車中泊場所を探しに出かけます。


とりあえず、先ほどの道の駅まで戻りますが 全く空きスペースがありません。
数十台停められる駐車場にも関わらず 一台の空きもありません。
驚いたことに 夕方止まっていたキャンピングカーは この時間も動くことなく
車中泊をされていました。  ということはやはりあの時間からずっと・・・・・

周りの普通車も同じなのかもしれませんが 残念ながら記憶にとどめていません。

”キャンピングカーが目立つ” ってこの事を言うのですね。

あの時間から 駐車しっぱなしは 明らかに営業妨害です。

少なくとも パンフをもらって土産を買いたかっただけの お客一組を 確実に
逃すことになったのですからね~(笑)



次に行ったのは 天狗山駐車場

ここは 新聞や各種HP等で マナーの悪い車中泊場所として 話題になった 
悪名高き駐車場でもあります。

深夜にもかかわらず テントを張って宴会されている方
エンジンを掛けたままの普通車組
車を ロの字に停めて 真ん中で宴会してるキャンカー軍団
テント泊のライダーさんたち
ジェネ廻したままのアメ車軍団  等々

ここはキャンプ場? 


そりゃ 新聞に書かれる訳ですな。


ちなみに ここに泊まっていた数十台の車中泊車 すべてがこんな事を
していたわけではありません。 大多数の方は マナーを守って静かに車中泊
されていた事を付け加えておきます。


広い駐車場ですが 車中泊の方があまりに多く  残念ながら空いている
スペースは上記の皆さんの周囲のみ・・・・・・

そんな方々と一緒にされるのも嫌ですし ゆっくり寝ることができませんから
泣く泣く 翌日の万座温泉をあきらめ 山を駆け下り 安眠できる場所を
捜して 深夜の徘徊をする事になってしまった 私たちでした。

長くなってしまいましたので 次回に続きます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村参加しています。
もしよろしければ ポチッとしていただけますと光栄です。


にほんブログ村

2013年1月10日 (木)

Windows 8

自家用PCを7年ぶりに新調。

はじめての「Windows 8」

Windows 7 どころか Vistaすら使った事のない
パソコン音痴が いきなりの Windows 8


ゴーカートしか乗ったことが無い子供を いきなりF1マシンに乗せるようなもの・・・・・


さっぱり わかりません・・・・・・

Dc011006


PCの前で悪戦苦戦中(爆)


当分、ブログ更新ができないかもしれません。

お許しを・・・・


i7 8G で武装してみたものの 

期待した 立ち上がり・シャットダウンはそれほど速くはならず
期待外れ・・・・・
7年前のクアッドコアPC+XP とさほど変わらず・・・・・


但し、楽天のような 画像いっぱいのHP閲覧は格段に早くなりました。

2012年6月 1日 (金)

ブログ復活します!

訳あってブログをお休みして 早1年。

なんとなく、書きたい事、発信したい事がたまってきましたので
少しづつ、復活しようと思います。

またよろしくお願いします。

2011年5月22日 (日)

”神の仕業”

最近、ニュース番組を見るのが嫌になる・・・・

ついに 原発問題を

”神の仕業”   発言する大バカ政治家まで現れた(涙)


http://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0520/77170.html


そうまでして、責任逃れをしたいのか???

”想定外”で片付けようしたけれど、思いのほか国民の反発
が強く、今回は 神様が悪いんだと・・・・

今どきの 小学生でもこんな 言い訳はしない。

自動車会社がブレーキの利かない欠陥車を世に送り出して
結果、交通事故を起こしてしまった被害者に
「技術者は最善を尽くしました、僕たちが悪いんじゃない
神様が悪いんだ!」 と言っているような物である。


東大卒なんだから、もう少しまともな言い訳考えたらどうでしょう?

あつ この人の経歴見たら ”日本原電” 出身者なのね・・・

こんな人に頭を下げて 大臣になってもらった 我が国の首相って・・・

そうまでして自分の身を守りたいのか!


そうまでして 政権の座から降りたくないのか!



自民党も自民党・・・・

今の内閣責めている場合じゃないでしょ。。。
そもそも 原発を推進したのは 自民党。
もしもの場合の危機管理を対策していなかったのも自民党。
選挙に持ち込んで 自分たちが政権に返り咲きたい 腹の中が
みえみえなだけに これはこれで どうしようもない人達だ。

それから比べたら 民主党の危機管理能力は立派です (爆)

だって、メルトダウンの事実を知りながらも 今まで隠して
いたのだから。 震災翌日に”メルトダウンの恐れ”なんて発表したら
世界中がパニックになっていたものね・・・・

国民の感覚が麻痺した 絶妙なタイミングで発表したようなあ。。。

次は どんな重大発表するのかなあ・・・・

こんな状況に何もできない 
自分の小ささ 無力さに
悲しくなる。

せめて自分にできる事、 この状況すべてを解決してくれる


本当の ”神様” 


が現れてくれる事を 願うだけだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年5月15日 (日)

報道の ”嘘”

土曜日の夕方のこと

TBSのニュースで 地元浜岡原発のレポートを流していた。


(レポートはたぶん 地元静岡放送?)

朝の正門前の映像を流しながら バックで解説 その中の一文

「今朝は、全原子炉の停止をうけ、出勤する作業員の数は
 昨日に比べて大幅に少なく・・・・」


って? おい TBS!!!!

今日 人が少ないのは 土曜日だから!!!

原子炉が止まったからじゃない!
職員の大半は 土日休日の 週休2日なの!

少なくてあたりまえ!

原子炉が止まったからって、すぐには人は減らないの!
とまっている時じゃないとできない工事や部品交換.点検等
いろいろあるの。 だから とまっているとき(定期点検)のときの方が
働く人の数は増えるんです。
今回は津波工事もあるから もっと多いはず。

とりあえず、半年やそこらで人は減らないと思う。。


報道はどうして 自分たちの筋書き通りに 都合のよい報道
しかしないのかなあ?

原発停止 → 人が減る → 地元は不景気

勝手に事実を湾曲するな! 

地元民の 不安をあおって 楽しいの???

地元をなめるな! 振り回すな!!!



今回の件で思った。

報道なんて すべてがそうなんだと思う。

今回は知っているネタだけに気がついたけれど・・・・

マスコミは、自分たちの描いた筋書きや、視聴者を誘導したい方向に
あわせて、インタビューや映像を編集しているだけなんだろうなあ。


今度の、震災や原発問題も かなりの部分で 事実と違う報道や
湾曲された報道が 流されていたんだろうと あらためて思った。


誰を信じればいいの?? どこを信じればいいの?


国もだめ、マスコミもだめ、 やっぱり信じられるのは自分だけ?

本質を見抜く ”目” を養わねば。。。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年5月12日 (木)

福島1号機 メルトダウン???

福島 1号機がとんでもないことになっているようです。。。

結局 ”メルトダウン”してたそうだ。。。

格納容器にまで漏れ出すことはなく、最悪の事態は避けられて
いるというのだが、状況は日を追って悪くなるばかり。

人間の”慣れ”というものは恐ろしいもので、今さらメルトダウンと言われても
恐怖や驚きを感じなくなってしまう生き物らしい。

ニュースステーションもトップニュースじゃなくなる程度の内容らしい・・・・



浜岡原発には、隣接するPR施設に 原子炉の実物大模型があります。
(福島とは大きさが違うかもしれないが)
見た事がある方は、想像するよりはるかに小さいものであることに驚くはずです。


その容器に毎日何tも 一か月以上水を入れてもたまらない・・・・
すべて蒸発してるとも思えないし・・・・ そりゃおかしいよ。。。

水の注入初めて一週間の時点で、素人でも”漏れてるじゃん”とわかる状況・・・・


燃料棒は水に浸かってる! って言ってたでしょ?
燃料棒は一部損壊程度 って言ってたでしょ?

国や東電の話をどこまで信じてよいのやら・・・・・・

こんなことしているようじゃ、 原子力技術だけにとどまらず

日本のもつ”技術”すべての 国際的信用がなくなってしまうよ。



浜岡は明日から運転停止だそうだ。
地元に住む自分としては 安心した部分もあるが
他の原発を抱える地域の方の心情を考えると複雑な気持ちだ。
ただ、燃料棒が残っている以上、1~5号まですべて 福島の
4号と同じ状態になるだけで 危険なことに変わりはない。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年5月 7日 (土)

浜岡原発全原子炉停止へ②

浜岡原発停止命令から 一夜明けて 地元ではこの話題でもちきりです。

肯定派、否定派、いろいろな意見がありました。

意見を紹介すると、

ようやく止めてくれたか・・・・・

何を今さら!! 散々危険と隣り合わせで 国に協力してきたのに・・・・

30年以内に87%かしらんが、東海地震がわかってからも 国と中電は
安全、大丈夫だって 2・3・4・5号って作ったんだよ。
6号作るって言ってる最中に今さら危ないから止めろって、
バカにするな!菅。
(あくまでも、おじさんの言葉をそのまま書きました (笑) )

地元の経済損失はどうするの! 菅さんは補填してくれるの?

菅さんや東京の連中がビビっただけでしょ?
浜岡止めても 100kWもらえないだけで、東京には関係ないから
とっとっと止めてくれってことでしょ?

アメリカの圧力?  横須賀・厚木が使えなくなるから・・・・
(なんて意見もありました)

アルカイダの標的になりそうだから止めるんじゃない(笑) ってのも。。。



100人いれば100の答えが出てきそうです・・・・(笑)


一つだけいえる事。
地元の御前崎市以外の周辺自治体に住んでいて、原発に関わりない人たちは
概ね、この停止を歓迎しているという事です。
(節電や、電気代UPはの事もかんがえているのかなあ?)

御前崎市民はいいよ~~  各家庭にタダでケーブルテレビは入っているし
小さい街に似つかわしくない 箱モノはいっぱいあるし、道路は綺麗だし
住民税安いし、下水道あるし・・・・・

近接自治体住民は、ほとんど利益ないもんなあ~~~
(御前崎市外でも10キロ圏に入れば、 電気代が一月分くらい還元されるみたいです。)

福島見てると、何かあったら同じなんだけどなあ。。。。。



何よりも 私的には・・・・・


中部電力が、浜岡の停止により赤字になるのが困る・・・・・
当社の売り上げの3~4割は同社様なんですから。。。。。。。
止めてもいいけど、中電の損失分を国が補償してくださ~~い!




今回の要請をした方に一言
浜岡以外の原発は、近くに新幹線も高速道路もないし 東京に遠いから
止めなくてもいいんですね。。。。 30年以内に大地震の確率87% 以外の
場所で日本国中 大きな地震に襲われているんですけど・・・・




ランキング参加してます。 ポチッとお願いします。。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村